千尋の雑記帳

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンケン日和

未分類

世間では夏休み。
・・・社会人は盆休み?
普段なら空いているはずの木曜も、行ってみれば人でごった返し(汗)


今日は公休日だったので、同じく休みだった相方に付き合ってもらいこの間言っていた


シンケンジャー銀幕版 行ってきました~~~~^^



昨日からの引き続きで体調はあまり良いとはいえなかったけれど。
疾風怒涛の豪速球な内容に、おもわず内心突っ込みをいれずにはいられないくらい濃い内容でした!


正直・・・放映時間がもっと長ければよかったんですけれども。
ま、それはライダーがメインだから仕方ないのかな?とも。

以下これから行かれる方もいらっしゃると思うので続きにて。



同じくシンケン関連で出た新刊で一押しのがあったので貼っときます。
・・・これ読んでたらおなかいっぱいでv
映像自体は少ないですが、読み応えいっぱい制作秘話満載の一冊。
もし嵌っていたら、一度は手に取っていただきたい一冊です。

東映ヒーローMAXスペシャル 侍戦隊シンケンジャー INTERVIEW BOOK (タツミムック 東映ヒーローMAX SPECIAL)東映ヒーローMAXスペシャル 侍戦隊シンケンジャー INTERVIEW BOOK (タツミムック 東映ヒーローMAX SPECIAL)
(2009/08/08)
不明

商品詳細を見る
ということで、この後の記事は映画をごらんになった方のみオススメ。
ところどころかなりネタバレをいれているので
念のため反転させておきます。


ネット上で見に行った人等から得た情報でも短いといわれていた今回のシンケンジャー銀幕版。
確かに本放送よりも短い20分という時間であったけれども、かーなーり内容濃く好きなfanにはたまらない突っ込みどころてんこ盛りの内容でした。

のっけからかなりのピンチのシンケンジャー。
テレビでもいきなりここまではなかったんじゃないかというくらいなボロボロっぶりから始まってましたが、もうちょっと時間があったらここの前振りとかも見られたのかな?というくらいな切り口っぷり。
めずらしいナレーション付きで進められていたプロローグはおかげで、現状把握だけはしっかりと。

内容的にはおいしいとこどりのショートストーリー。
短いながらにポイントついた台詞回しと、
今まで以上のスケールで描かれていたアクションシーンは

2Dで見てしまったがためにちょっとだけ勿体無く、うっかり持っていくのを忘れて次回分にまわしてしまったチケットで次回3Dを見るぞ!と誓わずにはいられない派手な作りに。

馬で颯爽と敵陣を突っ切っていく殿さまは思わず、FEの創作でそのシーンを使いたい!
と思わずにはいられないくらいかっこよく。


騎乗戦でも千秋の槍さばきとメンバー全員の馬上の剣さばきはほんと別格・・・。
展開的には王道だったけれどもそれがまた・・・v

すっごく気に入ったところは、

殿が劇中でことはと流之介に言った台詞
「・・・こういうのは少しずれた発想のほうがいい」
ことは
「流さんには負けるけど・・・」
そして、その後の微妙~な流之介の顔。

そして、中盤。
千秋が
「マジかよ・・・・なんで通じてんの?!」
と呆れながらに零すところ。

で途中羽織っていた衣装を脱ぐときのまこがすっごく色っぽかった・・・・v

それ以外にも笑えるシーン。
もりあがるかっこいいシーン。
たくさん合ったけれども、


なによりも好きなのはエンディング!!


これだけでも一回観たい!!

テレビでは誰がどこを歌っているのかなぁと
聞き取りに必死だけれども、映画版ではきちんとそのシーンに合わせて画面を映しているし、
なによりも短いエンディングにサービス満載!!
春夏秋冬のそれぞれの衣装をも一度じっくり見~た~い!!


そして、あのディスク(いや、折り紙?)→映画限定版は卑怯だと思ったですわ。


以上感想でした。
同時上映のディケイドに関しては、
もう予想外の展開続きで。
これがほんとのエンディングだったらちょっとだけショックかもと
観始めた当初は思ったんですが。
最終的にはまぁ良かったかな?と。

今までの全ライダーが横並び一線になっているのは圧巻だけれども、
正直凄すぎてちょっと退いてました(苦笑)

後残り、3回?のディケイド。
本放送はどういう風に閉めるのか。
それがまたちょっと貴になった映画版でした。

コメントの投稿

Secret

comment

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。